英語が話せる人はどのように英語を話しているのか

英語が話せる人はこうやって英語を話しています

 

ここでは、英語が話せる人がどのようにして英語を話しているのかを説明していきます。

 

英語が話せる人は、英語を聞き流していたから英語が話せるようになったのでしょうか?

 

いいえ、私はそうだとは思いません。

 

私が知る限り、英語が話せる人は、英語を聞き流すことだけでなく、いろいろなアプローチの勉強した結果として英語が話せるようになっています。

 

英語を話そうと思ったとき、まずは単語と英文法をある程度学んでおかないと英語は話せるようにはなりません。

 

なぜなら、あなたが話す英語というのは、単語の集まりであり、文法によってその単語の語順が決められるからです。

 

ですので、私としては辞書不要・テキスト不要と主張して、文法や単語をクローズアップして学習できないスピードラーニングの方法は難しいと思っています。

 

単語と文法がある程度わかるようになってやっと英会話表現を身につける学習に入っていきます。

 

このとき、方法は2つです。

 

1つめは初心者向けの方法ですが、英会話フレーズを暗記してしまう方法です。

 

日常生活でよく使う英会話フレーズがあります。

 

たとえば、以下のようなフレーズは多くの人が耳にしたことがあるはずです。

 

Nice to meet you.
お会いできてうれしいです。

 

How is the weather today?
天気はどうですか?

 

May I help you?
いらっしゃいませ。

 

これらはフレーズというもので、よく使われるのでそっくりそのまま暗記してしまうと話せるようになります。

 

逆に暗記しないで「なぜこの意味になるのか?」を考えてもうまくはいきません。

 

このようなフレーズをおぼえるときに必要になるのが単語力です。

 

当たり前のことですが、フレーズの中に単語が含まれるのでフレーズをおぼえる前に単語への理解がなければはじまりません。

 

実際のところ、よく使う英会話フレーズをおぼえてしまうだけで、英会話初心者を脱出でき、日常生活では困らない程度の英語が話せるようになります。

 

2つめの方法は中〜上級者向けで、自分の頭の中で英文を作り上げて英語を話す方法です。

 

暗記したフレーズをそのまま話すのではなく、自分の思ったことを英語にして組み立てて話していく方法になります。

 

ここで必要になるのが文法知識です。

 

文法によって単語の並びが決まり、さらに大きな括りで見れば節の並びも決まります。

 

そのため、文法を理解していなければ自由な会話はできるようにはなりません。

 

だからこそ、スピードラーニングが文法を重視しないのが私はわかりません。

 

英語が話せる人というのは、フレーズの暗記と頭の中で英文を作り出す力を持っています。

 

この両方の力を組み合わせることで英語を話しています。

 

スピードラーニングは「いつも聞いている音楽は自然とおぼえてしまうようにいつも聞いている英語は話せるようになる」ということも言っています。

 

この主張を考えると、前者のフレーズの暗記はスピードラーニングによってカバーすることができます。

 

発音が正確にできているかはここでは問題としないとして、聞いたフレーズがそのまま口から出てくることはあるでしょう。

 

しかし、単語への理解がなければフレーズを丸々暗記する必要があります。

 

理解している単語が含まれるフレーズなのか、それとも理解していない単語ばかりでできたフレーズなのかによって暗記の難易度は変わり、理解していない単語が含まれるフレーズをおぼえることはカンタンではありません。

 

たとえるなら、1つも単語を知らないロシア語のフレーズをただ漠然と丸暗記していくようなものです。

 

こう考えるだけでも気の遠くなる学習に感じるはずです。

 

やはり、フレーズを丸暗記して英語を話すにしても、そのフレーズに含まれる単語を理解していなければむずかしいでしょう。

 

後者の頭の中で英文を作り出す方法については丸暗記ではありません。

 

「いつも聞いている音楽は自然とおぼえてしまうようにいつも聞いている英語は話せるようになる」というスピードラーニングの主張とは異なります。

 

この主張の本質から考えれば、英語をどれだけ聞き流しても、自分が話したい英文を頭の中で作り出す力にはつながらないはずです。

 

いつも聞いている音楽をそのままおぼえるのではなく、聞いたことのない音楽を自分で作り出す必要があるからです。

 

そして何より、これら2つの方法は聞くだけではなかなか身につかないと思います。

 

フレーズで英語を話す力も英文を作り出す力も、話す練習を通して自分の口から話せるようになるものです。

 

実際に口にしたことがない英語が思いついたかのように口から急に出てきたり、スラスラ会話ができたり、ということはむずかしいでしょう。

 

だからこそ、スピードラーニングも「聞き流すだけ」という宣伝でありながら、実際に英語を話してみる電話レッスンを推奨しているのだと思います。

 

(ここでの私の話はあくまでも「聞き流すだけ」というスピードラーニングの宣伝と商標にそっているため、それと相反する電話レッスンは含めていません)

 

これだけでなくさらに大切なこともあります。

 

英会話はいつも相手がいるものなので、相手に話しかけられたときにすぐに反応できる練習もしておかなければなりません。

 

ただ英語を聞くだけで反射する練習をしないのでは一人よがりの英語力になってしまうおそれがあります。

 

さらには、日本語に敬語があるように場面や相手に合わせて英会話表現を使い分けることも必要です。

 

ここまでのレベルを目指すとなるとむずかしいのですが、英会話とは実際にはこれくらいやることが多いのだとわかってもらえたかと思います。

 

英語を聞き流すだけ、そしていつも聞いている英語は話せるようになるという主張のとおり、いつも聞いている英語を真似するかのように口から出くることはあると思います。

 

しかし、それよりも上のレベルの英会話力を身につけるには、英語を自分の頭の中で構築する力であったり、反射力であったりとが必要となり、ただ聞いたものを口から真似してみるというだけではないはずです。

 

この記事の内容が面白い!と感じた人は、下のボタンをクリックしてぜひ共有してください。よろしくお願いします^^

 

↑このボタンをクリックしてください☆

 

スピードラーニング第20巻