運営者情報とサイトポリシー

運営者「真央」とこのサイトについて

 

はじめまして、英会話学校で講師をしている真央です。

 

英会話の勉強のことや、英会話教材のことで私に聞きたいことがあればお気軽に何でも聞いてください。

 

メール相談

真央への質問はここをクリックしてください

 

注意事項
お使いのメールのセキュリティの設定によって私までメールが届いてない、私が返したメールが届かないというケースがよくあります。

 

いただいたメールにはその日のうちに返信するようにしているので、私から返信がない場合は、セキュリティの設定を見直す、もしくは違うメールアドレスからもう一度私までメールをしてください。

 

相談内容はできるだけ詳しく書いてください、そうすればちゃんとしたアドバイスをすることができます(^^)

 

サイトポリシー

 

このサイトの目的は、英語が話せるようになりたいと考えている人が、英会話教材を買うときに参考になる情報を提供することです。

 

日本でもっとも有名な英会話教材は「聞き流すだけで英語が話せるようになる」のスピードラーニングです。

 

しかし、その主張は本当なのでしょうか。

 

スピードラーニングを開発した大谷登氏は、本人が聞き流すだけで英語が話せるようになったと言っていますが、今現在、スピードラーニングの公式サイト上で大谷登氏本人が英語を話している様子は確認することができません。

 

それだけでなく、大谷登氏は自身の学歴、経歴、英語に関連する保有資格なども公式サイト上に書かれていません。

 

このように英会話教材を買うにあたって、多くの人が求めるであろう重要な情報がスピードラーニングには欠けていると私は感じています。

 

だからこそ、スピードラーニングという教材についてこのサイトでは私の独自の評価によっていろいろと述べさせてもらっています。

 

私は一生懸命英語を勉強してきた結果として、「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という主張と真逆の考えに至りました。

 

英語を聞き流すことはリスニングに効果はあっても、英語を話す練習をしなければ、英語は話せるようにはなりません。

 

私はこう確信しています。

 

「聞き流すこと」と「英語が話せるようになること」には大きな距離があります。

 

「話す練習をすること」と「英語が話せるようになること」は距離が近いです。

 

このように考えるとよくわかるのですが、英語が話せるようになるためには、やはり英語を話す練習こそがもっとも大切だと思います。

 

英語を話す練習こそが英語が話せるようになるための近道です。

 

聞き流すだけの学習はラクで続けやすいですが、それだけで英語が話せるようになるほど英語はカンタンなものではありません。

 

私が経験したように、ちゃんと話す練習をして、だんだん英語が話せるようになっていくという楽しさを多くの人に知ってもらいたいです。

 

また、英語を聞き流すだけという学習方法が日本では広まっていますが、聞き流すだけの学習の注意点や効果を高める方法などもこのサイトにはまとめていますので、これらも参考にしてみてください。

 

 

サイトポリシー