スピードラーニングは本当?

「聞き流すだけで英語が話せる」に根拠はあるの?

 

「聞き流すだけで英語が話せるようになる」というスピードラーニングの宣伝に根拠はあるのでしょうか。

 

実際に「聞き流すだけで英語が話せるようになる」ということが世の中で広く認められているのなら、これほど宣伝や広告を出さなくても多くの人に選ばれる学習方法になっているのでは、と私は思います。

 

多くの学校で聞き流すだけの授業が行われていたり、多くの企業でも英語の研修として聞き流すだけの学習が取り入れられたりということがあってもいいはずです。

 

私はたくさんの苦労を重ねながら一生懸命勉強してやっとの思いで英語を身につけたので、「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という主張を肯定することはできません。

 

英会話は「聞くだけ」でできるようになるほど安易なものではないと思います。

 

たしかに聞くだけでもリスニングが上達するのは間違いありません。

 

しかし、それだけで英語が話せるようになることは難しいと思います。

 

英語が話せる人というのは聞くだけじゃなく、話すことや発音、単語や文法とさまざまな勉強をして英語が話せるようになっています。

 

私は自分の周りの人を見ていてそう思います。

 

実際に「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という主張に根拠はあるのでしょうか?

 

スピードラーニングは開発者の大谷登という人(スピードラーニングの販売元の社長)が、英語の後に日本語を吹き込んだテープを作ってそれを聞き続けていたら英語が話せるようになったという経緯で作られたそうです。

 

しかし、スピードラーニングの公式サイト上で大谷登氏が英語を話している様子は確認できないので、これが本当なのかということや、聞き流すことでどの程度の英語が話せるようになったのかは不明です。

 

どうして聞き流すだけで英語が話せるようになるのか、スピードラーニングの公式サイトには、英語の音の周波数に慣れることで英語が話せるようになるなどとその理由が書かれています。

 

しかし、英語の音に慣れることは聞き取りへの効果であって、話すことへの効果ではないと思います。

 

なぜ英語の音に慣れることがリスニングへの効果を飛び越して英語が話せるようになるのか、このあたりが明確に説明がされていないので、私は納得ができません。

 

私のように英語を勉強してきた人だけでなく、英語を勉強したことがない人でも、この程度の説明では納得できないはずです。

 

もっと詳しく「なぜ聞き流すだけで英語が話せるようになるのか」を説明する必要があると思います。

 

英語の音に慣れるだけで英語が話せるようになるんだったら、どの教材を使って英語を聞いても結果に大きな違いはないはずです。

 

それなのになぜスピードラーニングは英語の音に慣れるだけで英語が話せるようになるのでしょうか?

 

やはりこれについても詳しい説明が必要です。

 

また、「聞くことで言葉をおぼえることは赤ちゃんが言葉をおぼえるのと同じ原理」との主張もありますが、私たちはもう赤ちゃんではないので同じようにはいかないはずです。

 

赤ちゃんほどの時間をかけることもできないし、親からの指導を受けるわけでもないし、赤ちゃんみたいに視覚からの情報があるわけでもありません。

 

赤ちゃんは成長の過程で日本語を身につけなければ生活はできませんが、私たち大人は日本語を身につけているため、英語を身につけなくても生活ができてしまいます。

 

このように「必要性」も大きな違いです。

 

もちろん、英語ができなければ就職できないとか大学に入れないという「必要性」はありますが、進路の変更などもできるため、生活できないレベルの「必要性」ではありません。

 

言葉がわからなければ生活できない赤ちゃんは言葉の習得のみに集中しますが、大人は生活の中で言葉の習得のみに集中できるものでもありません。

 

何かをしながらのかたわらでの英語と、1日中言葉の習得に向き合う赤ちゃんとでは状況が違います。

 

それ以前に大人と赤ちゃんとでは脳の作りが違うということもよく言われています。

 

私は「幼いうちに英語を」という考えが100%正しいとは思いません。

 

しかし、脳科学では年齢についてはいろいろな説がありますが、10歳を過ぎると聞くことによる外国語の習得能力が著しく低下すると言われています。

 

だからこそ大人は赤ちゃんや子どものようにはいきません。

 

赤ちゃんが1つめの母国語をおぼえるのと、母国語を身につけている大人が2つめの言葉をおぼえるのはまったく方法が違います。

 

大人には大人の方法があります。

 

こうやって見ていくと、聞き流すだけで英語が話せるようになるという方法に納得のできる根拠はないように思えてしまいます。

 

もちろん繰り返し何度も同じ英語を聞き流していれば、それをそのまま真似するかのように口から飛び出ることはあるかと思います。

 

だけど、やっぱり実際に自分の口で英語を話す練習をした方がより短い学習期間で英語が話せるようになるはずです。

 

英語の聞き流しはリスニングへの効果はありますが、スピーキングに対して劇的に効果のある方法ではないと思います。

 

なぜ英語の聞き流しでスピーキングにも効果があるのか、その理由を明確な根拠とともにもっと詳しく説明してほしいです。

 

私はリスニングへの効果については認めますが、スピーキングへの効果に対しては納得していません。

 

この記事の内容が面白い!と感じた人は、下のボタンをクリックしてぜひ共有してください。よろしくお願いします^^

 

↑このボタンをクリックしてください☆

 

スピードラーニング第1巻