スピードラーニング開発者の英語を見てみたい

スピードラーニング開発者の大谷登さんへのお願い

 

スピードラーニングを開発した人はスピードラーニングの販売元の社長の大谷登さんという人です。

 

ご自身が聞き流すだけで英語が話せるようになったということでスピードラーニングを開発したそうですが、スピードラーニングの公式サイトや購入時に付いてきたDVDで大谷登さんが英語を話しているところは確認できません。

 

スピードラーニングの購入者や購入検討者に対して熱いメッセージを話しているのですが、それは全部日本語です。

 

映像や音声としての尺は十分にあるのに最後まで日本語で、英語を話しているところは一度も見ることができません。

 

私が見ると、いつも日本語しか話してくれないし、どうして英語を話しているところを見せてくれないのかな、と思います。

 

本人が聞き流すだけで英語が話せるようになったというのがスピードラーニングの開発経緯なので、大谷登さんが英語を話している様子を見てみたい人は多いと思います。

 

気になったので検索エンジンで「大谷登」と検索をしてみたのですが、大谷登さんについての情報というのは特に出てきませんでした。

 

スピードラーニングの公式サイトにも大谷登さんの学歴や英語の実績などの情報は書かれていません。

 

他の英会話教材は必ず開発者の学歴や英語の実績などが書かれています。

 

大学の教授が開発者である場合が多いように感じます。

 

どうしてスピードラーニングは開発者の経歴や英語の実績が非公表なのでしょうか?

 

英会話教材を販売するにあたって、実績を公表した方が有利な気がします。

 

なぜなら、英会話教材を購入するとき、「誰が作った教材か」ということや開発者のプロフィールは重要な情報だからです。

 

もし誰か大谷登さんについての情報を知っていたら教えてほしいです。

 

どこの大学で英語を学び、TOEICが何点で英検が何級とか、どの程度の英語力があってスピードラーニングを作ったのかを知りたいです。

 

どの程度の英語に対する経歴があり、どの程度の英語が話せて「聞き流すだけで英語が話せるようになる」と主張しているのか、これは誰もが知りたいことだと思います。

 

私は何年もかけて英語をずっと勉強してきました。

 

だから英語の勉強については詳しく知っているつもりです。

 

私のまわりにも英語が話せる人や友達がたくさんいます。

 

でも、私も彼らもみんな聞き流すことで英会話を身につけたわけではありません。

 

聞き流すだけという方法ではなく、単語や文法などの基礎をしっかりと学び、英語を実際に話す練習を積み重ねて英会話を身につけてきました。

 

このように私の英語学習に対する考えとスピードラーニング開発者の大谷登さんの英語学習に対する考えは真逆です。

 

だからこそ、大谷登さんが大学や英語の指導者としてどのような経験を積んできた結果としてそのような考えに至ったのかを知りたいです。

 

そして、英語を聞き流した結果、どの程度の英語が話せるようになったのかもぜひ見てみたいです。

 

英語を聞き流すだけの学習でスピーキングへの効果まで求めてしまうことはむずかしいと私は思います。

 

リスニングについては英語の聞き流しは効果があり、私も英語を流した状態で何か他のことをしたりということはしています。

 

しかし、私はこれまで英語を聞き流すことがスピーキングに効果があると感じたことはありません。

 

もちろん人によって考えや感じ方は違うし、効果には個人差があるので、私の考えが正しいというわけでもありません。

 

だけど、やはり「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という教材を作ったのはどんな経歴の人なのかということは気になります。

 

英会話教材の購入を考えるとき、開発者のプロフィールは多くの人が知りたい情報です。

 

英会話教材シェア日本一で体験者300万人のスピードラーニングの開発者だからこそ、もっともっとご自身の情報をオープンにしてほしいです。

 

大谷登さんについてのこの記事の内容が面白い!ぜひみんなに知ってもらいたい!と感じた人は、下のボタンをクリックしてぜひ共有してください。よろしくお願いします^^

 

↑このボタンをクリックしてください☆

 

スピードラーニング第2巻