スピードラーニングを使うべき人とは

スピードラーニングを使うべき人はこんな人に限られます

 

「聞き流すだけ」という学習方法でありながら、それで「英語が話せるようになる」というのが誰もが知るスピードラーニングです。

 

私はそんなスピードラーニングに対して以下のような効果やメリットを感じています。

  • 英語の聞き流しはリスニングに対して効果がある
  •  

  • 聞き流すだけという学習スタイルだから続けやすい
  •  

  • スキマ時間の活用がしやすい

 

これらの効果やメリットとは逆に、以下のことも感じています。

  • 英語の聞き流しはスピーキングに対して効果は低い
  •  

  • テキストに解説がなく、単語や文法について詳しく学ぶことができない
  •  

  • 金額が高く、学習期間が長い

 

これらのメリット・デメリットをふまえ、スピードラーニングはどんな人が使うべき教材か、私なりの考えをお伝えしていきます。

 

スピーキングよりもリスニングの上達を目指したい人

 

スピードラーニングは「聞き流すだけ」というのが学習の基本になっています。

 

受講者が利用できる電話レッスンもありますが、1巻につき1回5分を2回までというように使用に条件があり、時間としては決して多くはないため、やはり学習の中心は英語を聞くことです。

 

英語を聞き流し、英語の音に慣れ、そしてスピーキングも上達しようという方法論であり、あくまでも間接的にスピーキングへの効果を目指すことになるため、やはりリスニングへの効果の方がスピーキングへの効果よりも高くなると感じました。

 

リスニングについては、スキマ時間に聞き流したり、何かをしながら聞き流したりと、学習時間の積み重ねがしやすいため、安定的に上達することができます。

 

実際に私もスピードラーニングの聞き流しでリスニングの上達ができました。

 

しかし、スピーキングについてはどの程度英語が口から出てくるようになるか、聞いたものを話す力にどの程度変換できるかは個人の能力に影響されることが大きいと感じました。

 

話す練習ができる教材であれば安定してスピーキングの力が身につくと思いますが、やはり話す練習をせずに聞き流すだけで英語が話せるようになることを目指した教材だからこそ、このような個人差が出てしまうと思います。

 

 

単語や文法を重視しない人

 

スピードラーニングは「辞書不要」「テキスト不要」という宣伝のとおり、単語や文法について詳しく勉強することなく、英語の後に日本語訳が吹き込まれたCDを聞いて理解していこうという教材です。

 

英語の後に日本語訳が流れることで、英文に対するその意味はわかるようになります。

 

しかし、なぜその英文がその意味になるのか、それを厳密に理解しようと思えば、やはり単語や文法について掘り下げてしっかりと確認する必要があります。

 

これについては2つのパターンの人にだいたい分かれるものです。

  1. 単語や文法を重視せず、そのまま暗記していくことが簡単だと感じる人
  2.  

  3. 単語や文法を理解することで暗記の負担を減らしたり、理解力を高めたい人

 

スピードラーニングは「1」のタイプの人によく合う教材であり、「2」のタイプの人には合わない可能性がある教材です。

 

実際にスピードラーニングは先ほど説明のとおり、文法や単語はあまり気にする必要はなく聞くだけで理解していこうという教材のため、テキストの中に解説がありません。

 

そのため、単語や文法をしっかりと理解するという勉強はカバーされていません。

 

ですので、テキストの中に解説があった方が理解しやすい、単語や文法をしっかりと理解することで暗記の負担を減らしたい、英語の基礎までしっかりと身につけたいという人にはしっかりと解説のある教材の方が合っていると思います。

 

 

お金と時間に余裕がある人

 

こちらの記事でも紹介をしたとおりですが、スピードラーニングは総額20万円以上(全巻一括購入で16万円程度)、標準の学習期間が約4年弱です。

 

金額も期間も他の英会話教材と比べて大きな数字になっています。

 

もちろん初回の1巻2巻だけしか使わないなど、すべて学習をしないというのなら話は別ですが、お金と時間の面でこの数字を許容できる人でないと100%の学習ができないわけです。

 

金額はさておき、誰もが早く英語を話せるようになりたいと願っているため、なかなか4年弱という時間を気長に我慢できる人は多くはないと思います。

 

4年弱という学習期間は英語の基礎を作るには十分な数字だといって間違いありません。

 

しかし、もっと低価格で短期間で英語を学びたい人には、標準として価格が安く、短い学習期間が設定されている教材の方が適しています。

 

 

スピードラーニングは「聞き流すだけ」「辞書不要・テキスト不要」というように特殊な学習方法の教材だからこそ、合う人と合わない人に分かれると思います。

 

あなた自身には合うか合わないか、ここで私が説明したことが参考になれば幸いです。

 

この記事の内容が面白い!と感じた人は、下のボタンをクリックしてぜひ共有してください。よろしくお願いします^^

 

↑このボタンをクリックしてください☆

 

スピードラーニング第13巻